新人キャバクラ嬢もこれでNo.1に!指名を沢山取って稼ぐ秘訣|キャバクラ求人「メリくら」

ちょっとしたコツで指名がわんさか増えるテクニックをご紹介!

キャバクラ求人は自分に合ったメリットで探す!

キャバクラでのお仕事もこれで安心!!

  • sui恋ka (スイレンカ) 新宿ギラギラ
  • 新横浜スプラッシュ 蒲田アモーレ
  • 六本木Ring(リング)
クリップ

検討中のお店一覧

指名をたくさん取って稼ぐ秘訣

キャバクラのお仕事をやってみよう!と思い、働くお店を探している方や、
働くお店も決まり、夜の蝶への第一歩を踏み出した新米キャバ嬢の方、
こんなお悩みをお持ちではないですか?

「接客の時って、お客様と何を話せば良いの!?」
「自分なりに頑張ってるんだけど、なかなか指名が取れない…」
「マメにお客様に連絡してるのに、全然お店に来てくれな~い(>_<)」

なんて悩みや不安を抱えている方も多いのでは?

キャバクラのお仕事では、「指名を取る事」「売上を上げる事」が最も重要で、お店側もキャストさんに対してこの力を第一に求めています。

指名のお客様を沢山呼べる子は時給もどんどんアップしますし、お店からの評価も高く、要望や意見を聞いたり、更に売り上げを上げられる様しっかりとバックアップしてくれます。何より、時給以外にもバックシステムで確実にお給料が増えるメリットがあります!

指名のお客様をちゃんとお店に呼べてこそ、1人前のキャバクラ嬢。
今までよりももっとたくさんお給料をGetしたり、お仕事をしやすくする為にも、指名を沢山取れる様パワーアップしちゃいましょう!

接客を見直してみよう

接客編

何と言っても「お客様への接客」、これが一番大切です。
きちんとした接客が出来ていなければ、いつまでたっても指名は獲得出来ませんし、
お店からも「仕事が出来ないキャバ嬢」のレッテルを貼られてしまいます。
デキるキャバ嬢になる為の、お仕事テクニックをご紹介します!

お客様の元へ向かう時も、スマイルを忘れずに!

装飾

「接客」って、お客様の隣に座ってから始まる物だと思っていませんか?
実は、席に着く前から接客はスタートしているんです。

ボーイさんに案内されてお客様の元へ向かう際、お客様も「どんな子が付くんだろう」とこちらの様子を伺っています。ニッコリとした笑顔で席に向かいましょう。

会話が弾むトークスキルを身に付けよう

装飾

いざ、お客様の隣に座り会話をしようとしても、ありきたりな内容ではお客様も飽きてしまいます。 上手く会話が続かず、逆にお客様に気を使わせてしまったりしては
「なんだか疲れたな、楽しくない」と思われても仕方が有りません。

会話を続けるテクニックの1つとして、「5W1Hの法則」というものがあります。
これは

When(いつ)/Where(どこで)/Who(誰が)
What(何を)/Why(なぜ)/How(どのように)

の6つの質問の略で、中学校の英語の授業で習った方も多いかと思います。
実はこの5W1Hの法則を応用すると、どんどん会話が広がっていくんです。

「今日は何食べたんですか?(What)」「どこのお店で食べたの?(Where)」と言った流れから、「その辺って行った事ないから行ってみたい!お店色々教えて!」などと様々な方向へ会話を広げる事が出来ます。

逆に続かない会話として、
YES/NOで回答が出来る質問(クローズな質問)をしてしまう事。
「お酒好きなんですか?」「お仕事大変ですか?」などの質問では、一方通行な会話になってしまい、次第に話す事も無くなってしまいます。

お客様と会話する時は、「5W1Hの法則」をしっかりと活用し、
会話を盛り上げましょう!

ポジティブな”あいづち”を心がけよう!

装飾

話を聞く際に打つあいづち1つにも、ちょっとした工夫をすると、
更に会話が弾む様になるんです。

「うん」「そうなんですね」「へぇ~」等という普段何気なく発するものよりも、
「いいですね」「すごいですね」「わかります」等、相手の気持ちに共感したり、
褒める気持ちを表現するあいづちを心がけましょう!

お客様との時間の中で、「楽しい」「嬉しい」等のポジティブな表現をしてあげると
「こちらも楽しいです」という感情が伝わり、お客様も喜びます!

必ずお客様ノートを作ろう!

装飾

装飾 売れっ子キャバ嬢や有名キャバ嬢が実践していると言われているのが、「お客様ノートを作る事」
お客様ノートとは、お客様のプロフィールや特徴、会話の内容をまとめておき、必ず忘れない様にしておく日記帳の様な物です。

作成方法としては、接客をしたその日のうちに簡単にメモに残しておき、次の出勤時までにノートにまとめておく方法がオススメ。その場では何気なく交わした会話でも、お客様との連絡の際に凄く役立ちますし、自分のお客様になってくれた際に、しっかりとした関係作りが出来る様になります。

又、お客様が来店しやすい曜日や今までの来店日も記録しておくと、どのくらいのペースで来店されるか間隔が掴めますし、お店に呼びやすくなります。
1人1人のお客様の事をノートに書き留めるのは時間もかかりますし、「面倒だなぁ…」と思うかもしれませんが、結果に繋がりやすい方法なので、面倒臭がらずに続けてみてください!

新しいお客様を掴めるかもしれないせっかくのチャンスをムダにしていませんか?
ちょっとした工夫次第で、お客様がアナタに持つ印象がガラリと変わりますよ!
決してどれも難しい事ではないので、是非実践してみてくださいね。

場内指名に繋げる方法

場内指名編

本指名を呼ぶ際、フリーのお客様から本指名として再び来店して頂く方法も
ありますが、場内指名を頂いたお客様の方が、確実に本指名として再来店して
頂ける確率が高いです。

あらかじめ決まったキャストさんに入れる指名制度の事を本指名と言いますが、場内指名は、
本指名が特に決まっていないお客様が気になったキャストに対して席に残ってほしい時や、
本指名のキャスト以外にもプラスでキャストさんを呼びたい場合に入れる指名の事。

お客様に
「もう少し一緒に居たいな」「もっと話したい」
と思って頂ける事が出来れば、場内指名を頂く事自体はそんなに難しい事ではありません。

しかし、キャバクラに来慣れていない方の場合、なかなか自分から「場内するよ」と切り出すお客様は少なかったりします。
会話も盛り上がり、凄く楽しんでくれてるのに場内指名を頂けない…。
そんな時はこちらから指名に繋がる様、上手く流れを作ってみるのもオススメです!

名残惜しむ一言を添えてみよう

装飾

ボーイさんから呼ばれた時に、「呼ばれちゃったので…」などとあっさりと離れるのは
逆効果。お客様からも「早くここから離れたいのかな」と思わせてしまいます。

「えっ、もう呼ばれちゃった!早いなぁ」
「なんかあっという間でした…もっと話したかったです」

などと名残惜しむ様に一言伝えてみましょう。
これだけでも、「もっと一緒に居たい」とこちらからアピールする事が出来ます。

その他にも、
「淋しいけど、呼ばれちゃった…行かないと!気に入った子とか気になる子が居たら指名してあげてね!」と、「指名」というキーワードをお客様に意識して貰のもポイントです。

その場では指名にならなくても、「やっぱり気になったから呼んじゃった」と、
後から場内指名に繋がる可能性もあります!

お客様に合わせて使い分けよう!

装飾

ノリが良いお客様、会話がポンポン弾むお客様には、
「おしりがくっついちゃったから動けな~い(笑)」
「○○さんの席に居なきゃいけない病になっちゃった~!(笑)」

などと冗談ぽく言ってみるのも有効です。

お客様がどんな方かによってやり方を変えながら、アピールしてみてくださいね。

場内指名は、単にお客様を接客するだけではなく、時にはこちらから誘導する様なテクニックも必要となりますが、例えその場では指名が貰えなくても気にせずに、
「じゃあ、せめて連絡先だけでも教えて貰えませんか?」と、今後も連絡が取り合える様に聞いておく事も1つの手です。
1人でも多くのお客様と接客をしたり、連絡を取り合う事で必ずお仕事のスキルは上がっていきますし、指名に繋がる様になりますよ!

お店以外での接客「営業」とは

営業編

本指名のお客様として再び来店して貰う為には、お店以外の時間での
やり取り(連絡)、いわゆる「営業」がとても重要となります。

連絡の仕方次第ではお客様から凄く嫌がられてしまい、ここまでの努力が水の泡になってしまう場合も。営業が下手なキャバ嬢=仕事が出来ないキャバ嬢と言っても過言ではありません。

どうすればお店へ来て貰える様な営業が出来るのか、ご紹介します!

営業と思わせない営業をする

装飾

お客様も1人の男性ですから、キャバクラへの来店がよほど慣れていない限り、
「お店に来てください」
等といったあからさまな営業メールは貰っても全然嬉しくありません。

まずはあなた自身の存在を意識して貰える様、何気ない内容で読みやすい長さの文章をコンスタントに送ってみましょう。書き方としては日記形式の様な自己完結型ではなく、必ず質問などを絡めた返信しやすいものにする事を心がけてくださいね。

返信が来なくても気にせず、週に1度くらいのペースで定期的に送る様にしましょう。そうする事で、お客様は少なからずあなたの存在を意識してくれます。

たまには電話もかけてみよう

装飾

メールやLINEなどの文章のやり取りだけではなく、時には直接電話もかけてみましょう。
電話での連絡の方が数倍も効果が有りますし、例えお客様が出なくても、着信に残しておく事でお客様のあなたへの意識を残す事が出来ます。

営業は、慣れないうちは接客以上に難しく、なかなか結果に繋がらない時もあります。
けれど、コツさえ掴めばしっかりと指名に繋がりますし、力量次第でお客様と根強い関係を築く事が出来ます。
自分なりの営業方法を身に付けられる様、続けてみてください!

▼ コンスタントに指名を獲得するには?

指名を獲得するには

接客力を身に付け、上手く指名で来店して貰える事が出来たら、それがコンスタントに続く様リピーターになって貰いましょう。
お客様の方から無意識に「会いたい」とお店に足が向けば、何も言う事はありません。

意識しなくても楽しい会話が出来、会話が途切れた時すらも、お客様にとって居心地の良い時間を提供できる様になれば、きっとアナタとの時間を増やしてくれます。
それには、やはり「心のこもった接客」と、「マメな努力」が必要。

沢山のお客様を接客しながら、1人1人とコツコツ連絡を取るのはとても大変ですし、決して楽な事ではありません。
ですが、そうした心配りとマメさこそが、指名に繋がる一番の近道になります。

最初はとても根気が要りますが、諦めずに頑張ってみましょう。少しずつですが、確実に結果に繋がりますし、お店側もそんなあなたの姿をしっかりと見て評価してくれていますよ。

▼ これが出来れば1人前!同伴のコツ!!

指名を獲得するには

同伴指名とは?

キャバクラには、場内指名や本指名の他に「同伴指名」というシステムがあります。
これはキャストさんの出勤時間よりも前に、お客様と外やお店の近くで待ち合わせをしてデートやご飯に行き、それから一緒にお店に来る指名制度です。

確実にお客様を早い時間からお店に呼ぶ事が出来るので、お店側からも喜ばれ、お給料へも高く評価されやすくなっています。

同伴に繋げる方法は?

上手く同伴に繋がる1つの方法として、「同伴しよう」ではなく、「ごはん行きたいな」と誘ってみましょう!
本指名と同じく、ストレートに「同伴して下さい」と誘っても、お客様は全く嬉しくありません。

最初は100%同伴に繋がらなくても良いので、「良かったら一緒にご飯行きませんか?」と、同伴という言葉を出さずに誘ってみましょう。
キャストさんから営業以外で誘われる事を嫌がるお客様はほぼ居ません。
一緒にご飯へ行き、お客様にあなたとの時間を楽しいと思ってもらえる様になれば、少しずつ同伴へ繋がる確率も上がってきます。

同伴にならないなら無駄、と思わずにまずはやってみてください!